国際社会に対応するために英会話を学ぼう。

大事な言語

近年、世の中は国際化が進んでいますが、その世界共通語として使われている言語に「英会話」があげられます。国際語でもある英会話とは、以前から重要視されてきた言語でもあります。 →詳細を読む

TOEIC

世の中の国際化が進む中で、英語の必要性が重要視されると共に、TOEICなどの英語試験も多く見られるようになりました。それらに対応するべく、TOEIC対策などを練る方も多く見られます。 →詳細を読む

スクールに通う

国際化社会に必要とされる「英語」ではありますが、それを積極的に学ぼうと考える方はたくさんいます。英会話の学び方はさまざまですが、その一つに英会話スクールがあげられます。 →詳細を読む

価格の傾向

英会話スクールを利用する際に発生する費用の傾向は、利用するタイミングによっても大きく変わります。今では非常に安い価格で利用する事が出来るスクールも多くなっています。

→詳細を読む

相場を把握する

料金を見て、英会話スクールを選択する場合には、料金相場を把握しておくことも非常に重要です。そうした相場を把握する事によって初めて高いか安いかの判断が可能となるのです。

→詳細を読む

英会話の必要性

英会話学習における豆知識について 

 英会話学習において最も大切なことは、リスニング力です。リスニング力が身につくことができれば、相手の言っていることを正しく理解することができます。また、自分自身が発信する際にも英語の文構造が理解できているので、きちんと発信することができるようになります。さらに、自分が聞き取れる音は、自分でもきちんと発音することができます。反対に、自分で聞き取ることのできない音は、自分では発音することができません。こうしたことからも、実は英会話学習においてはリスニングが最も重要といっても過言ではありません。これは、英会話学習でしばしば見落とされることです。英会話学習はスピーキングの練習と思われることが本当に多いのですが、実際には聞き取り学習が重要なのです。

リスニング学習の工夫について 

 英会話学習で重要なことはリスニング学習にあると前述しましたが、それではどのように学習したらよいのでしょうか。これは一言でいえば音変化になれる練習をすることです。英語は強弱のリズムのある言語です。単体で単語を発音するときと、文中で使われるときとで、単語の発音は異なります。これは、リズムのある言語に特徴的な現象です。つまり、強弱の波の中にさまざまな音の変化が生じるということです。たとえば、a,oは弱化することがあります。弱化するといわゆる「あいまい母音」化します。この「あいまい母音」化で音が消失することがあるのです。こうした音の弱化や音の消失が、聞き取りを難しくしているのです。こうした音変化になれないと、なかなかリスニング力は伸びません。